暑さの帰還

こんにちは、佐藤です。
台風も過ぎ去って、また暑い夏が帰ってきましたね・・・タオルと水分が手放せません(笑)

長期ブログ更新休止後から、63パックバリューの話ばかりしていたので今日は違う内容にしようかなと考えました。
あまりしつこいと読んでくれても「同じじゃん!」とか思われそうだなと・・・(苦笑)
そこで今日は趣向を変えて、“修正依頼事例”なんてものを書いてみたいと思います。
「自分お客さんじゃないよ・・・」という方も、ぜひお客様になって頂いて!(笑)後々のために知識をつけていってください!(`・ω・´)

 

 

まずは、一番よくある事例の「ホームページの修正、終わったとの連絡を受けたのに、見てみたら全然変わってないんだけど!?」という現象です。
作業が滞っていて遅くなることもありますが、終わってないのに終わったと連絡するのはほぼ詐欺ですよね・・・もちろんそんなことしませんが!!
でもこれ、実は更新きちんと済んでいる事が多いです。(佐藤の見落としがなければちゃんとできている・・・ハズ・・・あったらごめんなさい)

なぜこんなことが起きるのか・・・ちょっと困りますよね・・・
実は、“キャッシュ”と呼ばれるデータのせいなのです!
このキャッシュデータとは、簡単にいうと『パソコンに一時的に保存されているデータ』のことです。
「いやいや、そんな操作してないよ!」と思って方はいますかね?この一時保存はパソコンが勝手にやってくれるのです。
キャッシュデータは悪いことばかりではありません。利点は後ほど紹介します。
まずはなぜキャッシュデータが表示されてしまうのか・・・図解しますので下図をご覧ください。

キャッシュデータとは

分かりましたでしょうか?
パソコン内に残しておいた前回と同じ情報を表示している、というわけなんです。
「初めて表示した時はけっこう時間かかったのに、今回は早く表示したな」なんて経験したことはないでしょうか?これもキャッシュデータが読み込まれたからだと思ってください。
そうこれがキャッシュデータの利点であり、キャッシュデータを読み込む理由なんです。サーバーにアクセスして情報を受け取ると多少なりとも時間がかかります。それを回避しているんですね!

それでは、「サーバーの情報を読み込んでもらうためにはどうすればいいのか」という話に入ります。
一番簡単で手軽な方法は、キーボードの”F5キー”を押すことです。
インターネットの画面アドレスバー付近にあるであろう丸まった矢印マークをクリックしても同じですが、【更新】をするとサーバーに情報を要求してくれます
これで最新の情報に変わるので、それでも何も変化がない場合は変更された情報はなかったということになります。

 

 

次の事例は「段落から文章の最後の一文字だけはみ出していて気持ち悪い!」といった相談です。
これは、直すことも可能なのですが、サイトを表示させたパソコン画面の大きさに起因しているため、修正行うたびに確認してもらうといったことを何回も繰り返さなければならない上に、「別のパソコンで見てみたらまたはみ出してる・・・」なんてこともありあるのです・・・(ヽ”ω`)ゲッソリ…
確かに一文字だけはみ出していたりするのが気持ち悪いときもありますが、ぐっと我慢して放っておくのがいいと思います。特に今は様々な画面サイズのパソコンがありますし、スマホやタブレットといった画面サイズが小さい端末も存在しますので“全部のサイズで確認する”などといったことはできないためやり始めたらきりがなくなってしまうのです・・・勘弁してください(´;ω;`)
ただし、バナーなどの画像の文字の場合は画面サイズに起因していないので「こうしてほしい」などのご要望があれば修正できますのでご相談ください。

 

 

二つしか紹介できていませんが、読むのも疲れてしまうでしょうし、今回はこの辺で終わりにしたいと思います。
次回は何を書くか不明ですがまた読んでいただければ幸いです!
そしてできればお客様になっていただければ尚うれしいです!!(笑)
ぜひ≪63パックバリュー≫をご利用ください!(*´▽`*)

宣伝用画像